2013/04/18

気に入りのTシャツと



先日、久々に行ったヴィンテージ屋さんで、
楽しくなるTシャツを見つけて買いました。





超現実?あるいはコンテンポラリーなポージングの人Tシャツです。



































すごい優しそうな顔もいいです。







































で、"ROCK ISLAND"
多分、意味は無いっぽいです。






















































そんなご機嫌なTシャツ。
せっかく芸術的ポージングですので、
着たての今は別のキャラの濃いものと合わせてしまうより、
ちゃんと主役にさせてあげたいものです。



何かを尊重したい時にも長けているのがドメスティックのウエア類。
今回はオールブラックで。










PANTS:MURRAL
BAG:KENZO
PUMPS:CARVEN(OWN)







































言葉の音としては"コンテンポラリー"で、
でも奥には超現実であるような、
結局言葉を選ぶのが難しい独特の感覚は、
自分勝手なエディットを通して服で表現を楽しみたいと思っています。

例えばこのTシャツに、このパンツとか、
私は勝手にそんなよく分からない事を考えて合わせる自己満足が好きです。































































小物は前衛感を助長させる物がいいです。
背中を押されるような快活さを連想させるKENZOのバッグ。
今シーズンはトライバルなこのレオパードがやっぱり素晴らしい。


















































もうひとつの、
このTシャツに合わせるドメスティックブラック。










JACKET:LAMARCK
SKIRT:LAMARCK
BAG:mame(OWN)
PUMPS:SOPHIA WEBSTER



























やっぱりLAMARCKは着心地がとてもいい。
最近昼間は暑いので、吸水性もあるこの素材はとても安らぎます。


春夏のブラックアイテムは、なるべくそういう生地が好きです。





ブラックでも幾何学なレースであれば、
なんだか大人になった気がするんです。

何彼構わず、黒を選んでいた若い頃に選ぶ黒より、
進化をしたぞと自負出来るように。






































いつ履いても感動する、ペチコート付き総レーススカート。
何に感動するかと言えば、ペチコートにポケットが備わっている事。
良く振る舞ってくれるスマートな人みたいです。

このTシャツもより喜んで見える、と勝手に考える事が、
無駄だけど楽しい感情だと思っています。








































































世界観がアート("芸術"とちょっと違くて、もっとキャッチーな方)だなと思っている、
SOPHIA WEBSTERもこの考えに合わせたいブランドのひとつです。




















































そして今日から、ドメスティック陣、
MURRALLAMARCKMalcolmGuerrePREORDERが、
オンラインにて開始致しました。
































是非お楽しみ下さいね。