2013/05/20

小平市の5月26日


この歳で、今の人生で初めて哲学を学んでいます。

それはこのブログでも何度かご紹介させて頂いている、
MA déshabillé(エムエー デザビエ)の村田明子さんが
いつも話して下さる事が本当に面白くって、その沢山して下さったお話の中のひとつに哲学があったのがきっかけです。



そんなMAデザビエの展示会では、
前代未聞の哲学者の方の講義もされていたほど(これ冷静に考えれば考えるほどすごい)



そしてその哲学者の方は國分功一郎氏。
(この写真、驚異的です)




























(GQ Japanさんより画像転載させて頂きます)








その展示会の模様はこちらで楽しめます。↓
http://studiovoice.jp/?p=36780




そして、村田さんの会話からそそくさメモを取って本屋へ駆け込んだ、
この小宇宙を時間をかけて最近やっと読了です。










































脳みそから煙が出るんじゃないかくらい、
今までこういった類の本を読んだ事が無かった自分には
かなりの刺激的で、読み始めてノッてくるとある種のハイ気分でした。

この本の感想は「この人たちすごい」です。(超ド級馬鹿)




これをきっかけに、探り探り、
私の学力レベルではとても遅いスピードで哲学に触れていますが、
とても楽しいです。




本当に全く理解を出来ていないので、
こういった風に書く事はするべきではないと思っていましたが、
また村田さんから、
今日のお電話ですんなりする言葉を頂きましたので記させて頂く事にしました。


今日の電話も色々面白くって、
逆に何おっしゃっていたか留められなかったのですが(超ド級)、
頭に留まった唯一が、
「きっかけを作ること」




関心が無いだのかんだの前に、まず知るきっかけを広げていく事が...
的な事を仰っていた(と思う)のですが、本当にそうだなと同感しています。



この話の発端が、村田さんから突然送られてきたこの写メールです。













































現在、國分先生が様々な活動に取り組んでいる問題です。


関連記事→http://gqjapan.jp/2013/02/12/kokubunkoichiro/



これまた私は、村田さんからお聞きしなかったら
関心どころか知り得もしなかった事です。

この選挙権はとても限定されてしまいますが..。
この問題から考える民主主義、
これはもう大人になった私はさすがに考えなくてはならないし、
ようやくやっと、興味を持つようになりました。(超ド級)



これをきっかけに、
知るきっかけを頂いたように思います。


物事に対して不安になる要因のひとつに、
単純に物事を知らないからだと思っているので、
まずは知る事から。


私が頂いたきっかけを、だからここにも記させて頂きます。


ご興味のある方は是非、調べてみて下さい。