2013/05/22

丘サーファー


暑い季節が静かに始まらんとしていますね。


暑さは得意ではありませんが、
それに見合ったお洋服は大好きです。


夏と冬で、ファッションの楽しみは180度違うように思います。




Sisterにあるお洋服で、暑くなったら真っ先に思いつくのがこちら。








Cardigan:TARO HORIUCHI
Tops:TARO HORIUCHI
Skirt:J.W.Anderson
Bag:OLYMPIA LE TAN
Tights:Sister Original Legwear「Like a socks Dalmatian」
PUMPS:VERSUS



























真夏に絶対欠かせないさらりとしたカーディガン。
この鮮やかなカラーならば暑さも疎まずにやり過ごせるように思います。















































さらに暑さをモノにしたような錯覚を楽しめるヤシの木グラフィック。
緑化万歳です。


































軽やかなジャージー素材。
スポーティで躍動的な素材と形。
J.W.Andersonが今シーズンから秋冬にかけて推奨するこのフリル。
提案継続型のデザイナーズは、どう継続していくか過程を捉えるのがとても面白いです。







































フリルが「ほろり」












































発表されたばかりのVERSUS×J.W.Andersonに因んで、
今季VERSUSで組み合わせるのも乙ですね。

VERSUS×J.W.Andersonに思いを馳せて。

そしてSisterでタイツを始めてから足が日焼けしにくくなりました。
こういうミニスカートの時はやはり重宝します。










































TARO HORIUCHIから快活さをもうひとつ。








Cardigan:TARO HORIUCHI
Tops:TARO HORIUCHI
























「SURF」
これぞ、丘サーファー。

S、Fを強調するとか、
「何だそれ 笑」なモノがTシャツになるのは大好きです。






























































暑いのは苦手だなんだってほざいていますが、
こうやって服から満喫してちゃっかり楽しんでいます。