2013/05/27

映画寄稿




5月25日に発売されたWWD JAPANさんはどーんと映画特集です。




































私もこの企画に参加させて頂きました。






































例えば誌面で私が挙げた中の一部がこちら。
心酔ものの素晴らしく美しい男性達の映画。






































他色々と挙げたけれど、「キッチン」とかカットされちゃったなぁ..。



















最近.fataleさん (YUMIちゃんとJ.W.Andersonとの対談も嬉しい♡)
でもとても充実した内容の映画特集(三部作!)がありましたが、

今改めて謳う映画の素晴らしさ。




映画の尊さは必ずしも作品単体の事を言わない事を、
これらの特集で改めて思います。


どこで、何を飲みながら、どんな恰好で、
これも映画鑑賞の楽しみに含まれる事ですよね。




そして先日映画関係の友人との呑みでの事。

映画館に行かない、DVDも持たない、
ダウンロードするだけ...の人口が時代柄あるものだという話になりました。


映画はたくさん観た方がいいと思うけれど、
ただ消費するのはどうなんだろう。


例えば好きな作品は奮発してDVDを買って、
作品に感謝する事もまた素敵な事だなと思っています。
対価、でしょうか。




人それぞれですが何はともあれ、
いやぁ〜映画って本当にいいもんですね〜