2013/05/06

Millet


最近読む本、ばらばらの3冊ほどに、
「農夫」という単語が各々出てきて、妙にひっかかっています。

よく貴族の反対語のような存在として挙げられる単語のイメージでしたが、
その読んでいるすべての本において、低俗な扱いは全くしていない所が気に入りました。

むしろ誇り高かったり、あるいは崇高な、
ひとつの境地のような意味となっていて
そこに興味深いひっかかりを感じています。





さらにそこから、その言葉を思い出すと、

もうこの画家で頭はいっぱいです。








































そんな気持ちを組み合わせ。













TOPS:BACK
PANTS:AKIRANAKA(OWN)
BOOTS:MM6(OWN)
BAG:OLYMPIA LE TAN
TIGHTS:Sister Original Legwear Like a socks Dalmatian









































まったく辻褄が合っていないですよね。

あくまで、そういう気分(農夫気分?)という事だけです。






BACK のトップスは結構大胆になりますが、
今日は暑いのでこれくらいの気分です。

しかし中がTシャツでも農夫っぽくていいですね...!