2013/08/06

八月納涼歌舞伎


















































今月も歌舞伎へ行けて幸せ!





八月は贔屓にしている中村屋が出ています。












































私が行った夜の部は
「狐狸狐狸(こりこり)ばなし」と「棒しばり」の二本立て。





まず「狐狸狐狸ばなし」は
怪談仕立てのほぼコメディでした。


題名にもある狐と狸の化かし合いよろしく、
なかなかぶっ飛んでいる、イっちゃっているお話だったので、
これも歌舞伎なんだ..と驚いた演目。



これは大好きな十八代目勘三郎丈(当時 勘九郎)も当たり役だったようで、
勘三郎さんの狐狸狐狸もさぞ面白かったんだろうと想像して、
そんな風に想像する事が悲しくも、
想像すると本当に当たり役でおかしくなってしまう不思議な感覚です。





これが歌舞伎なんだ..と、「THE 歌舞伎」を観たい欲が出たあたりで、
続いての演目は「棒しばり」



これは打って変わって古典的で、
狂言を題材としている為に、「面白い」というより「滑稽」で、
終わるまですべての画が美しくて、
なんだか人間を観ている風には思えない不思議な感覚がありました。

この演目は絶対にイヤホンガイドした方がいいです。

ひとつひとつの事が、ちゃんと意味を持っている事を教えてくれます。





絵巻物の世界に入ったみたいで、
私は歌舞伎のこういう所が好きなんだと改めて実感出来た演目です。







と、いう具合で(全く伝わりもしない感想だけで)

八月の歌舞伎座もとってもお勧めです♡