2013/10/12

人物設定



今日からお店に並んだPOLLINIの新作。


POLLINIは3階に鎮座しています。


入荷した2型とも可愛いけれど、

やっぱりお高い方からご紹介しましょう。








素晴らしきジャガードブーツ





































今シーズン、創立60周年を祝ったアーカイヴコレクションを行っていますが、

過去と現在をとーってもお上手に折り込んだひとつです。


テキスタイルが過去の前衛と美しさを匂わせるし、
POLLINIらしいアクリルヒールにマーブルのシートを施して、
より幻想的です。

紅葉のように渋く鮮やかな色彩に、
和柄好きの自分は敏感に反応します。















































もちろん、すぐ試着です。










































芸術的威嚇です。

擬人化するなら、
「あなた、一歩お引きなさって」と語るような人柄ではありませんか。


しかしウエッジヒールなので意外と優しい履き心地に思います。
身内に優しいタイプかもしれません。












































他にも様々なタイプのショートブーツが並んでいます。


先程のPOLLINIは気高く、
他にはこんなラインナップも。(試着スイッチオン)








こちらはKENZOのPREFALLコレクション サイドゴアブーツ

切り返しの色が好き、ポインテッドのつま先が好き、
ショートブーツなのに、妙にスタイリッシュなフォルムが好き。
都会的な人柄を思います。













































都会的ライトブルーです。

うんちゃんが個人オーダーしていて、
履いてるのみると自分もついつい欲しくなる。すぐ












































サイドゴアと言えば、
改めて見るとすごく新しいなと思ったのがこのサイドゴア。試着は続きます。




JULIEN DAVID シルバーブーツ









































これはなるべく白ソックスと合わせたいです。

サイドゴア部分が白なので、
白ソックスを履くと一体感の達成です。



人物設定はアウトロー。


































プルループが異常に大きい所も大好き。そんな所も、アウトロー。

これは是非、細かい事気にせず大きめに履きましょう。

というか通常表記サイズより大きめに出来ているので、
足が大きくてお目当てサイズをいつも探している方(私のように)
太鼓判です。


















































試着は続きます。

POLLINIと同じく本日から店頭に並んだmiista

miistaからもサイドゴア登場です。


しかも超ボリューム満点です。













































分厚いですがゴムソールなので異常に歩きやすく思います。


しかし改めて思うけれど、
「歩きやすいですよ」と人に伝えようとしても、
どの時点から歩きやすい界にランクインするかしれないし、
年中裸足の方に言ったら「嘘つき」って言われてしまう。


語弊があるといけないので、
「履き心地が面白い」と明記しておきます。















































ボリュームがゴリゴリです。
シンプルでスタンダードな形で、
思いっきりボリューミーなソールのこのタイプって、久々に見れた気がしてます。

設定:帰ってきたあなた(港系)


















































でも、今日の私服で一番合わせたかったのは本当はこれです。






Charlotte Olympia オオカミパンプス。












































お店にいる時は、日常とは少し異なる場ですから、
これぐらいぐいっと伸びたヒールと
溢れんばかりに夢のあるクオリティを足元にしたいです。














ショートブーツ、サイドゴアの流れから、

本末転倒。



設定:結局好きな人。