2013/11/06

MalclmGuerre


あっという間で、店頭でのPREORDERも今日で最終日です。


途中、GOEN.Jのサンプル搬入が成田でストップしてしまって
店頭に間に合わない事態となり、
大変ご迷惑お掛け致しました...




毎回体力を使う受注会ですか、今回も例年を上回ってみんなで駆け上がった受注会でした。



  

さて、店頭PREORDERは本日最終日ですが、
オンラインでは本日から始まりました。




FAKE TOKYO.com






























こちらも併せてお楽しみ下さい。


実物を見て検討されたい方は本日までサンプルはお店にありますので、
是非、お越し下さいね。









さて、PREORDER

MalcolmGuerreがすごいです。



デザイナーのユキさんが、制作を終える度に毎回おっしゃる事があります。

「もう辞めたい」



毎回それくらい完全燃焼されているみたいです。







冷静に考えてみれば、現在あるVラインネックレスとか、






































これはもう完売してしまったのですが、ドッキングブレスリングとか





















































すごく自然におかしい物を作り続けているブランドだと思います。




非現実に行き過ぎずに、日常にとても近い所で起こる不思議な美しさです。




























そしてS/Sシーズン。
















































































































そろそろこうした連ねた手法は、MalcolmGuerreのお家芸になってきた感じです。

手元に目を奪われる感覚は、なんだか...ね、いいですよね本当。(←どうした)














































ちなみに今回、ところどころに虫が留まっているものが多いです。
私は虫モチーフはあまり好みではないのですが、
これ個人的に"羊たちの沈黙"みたいで大好き。
狂気と美しさを少し感じるあたり。


















































今回もとことん独創体制のMalcolmGuerreは、
やはり特にネックレスがお勧めです。

今回は民族をテーマに設けているそうで、
威嚇、装飾の面をとっても感じて大好きです。




















































ユキさんの安全ピン好きは、今回も健在。

パールと安全ピンの掛け合わせ。
























































民族的にするのなら、
贅沢な重ね付けが大好きです。

権威あるお直しの達人のようにもなれますが、
安ピンは取り外せませんのであしからず。















































































そして灯台下暗し、です。
民族性高すぎます。じつは今回の中で一番好き。

しかし残念ですが単品販売です。
是非実物をご覧頂きたいですが、個々のビーズの独創的ってば。


こちらはロング単品を重ねております。






















































今回一番驚いたのはこちらです。

スカーフへの装飾。

今まで、考えた事もありませんでした。




















































他にもたくさん。
独創性にあふれたラインナップを是非お楽しみ下さい。