2013/12/09

PINK



MA déshabilléご試着会、
店頭は本日最終日でした。

異様な空間へ果敢にもお越し頂けた皆様、
本当にありがとうございました。


オンラインのMA déshabilléPREORDERは13日(金)まで開催中なのでご安心下さい。








店頭最終日にして突然このあたりも欲しくなって参りました。
今回の新色 ピンクです。





"FUYURI"と名付けて下さった型です。
前回のピーコックブルーはおかげさまで受注完売してしまい幻となりました。

今回、このピンクは写真家の永瀬沙世ちゃんが真っ白の肌と髪の毛でこれを着たら似合い過ぎていたので、この色は"SAYO"となります。FUYURI型のSAYOカラー!
さらに沙世ちゃんは"PINK LEMONADE"という個展と写真集を出版されたので
尚のことリンクします。なのでピンレモカラーと呼んでいます。






TOPS:FUYURI(改めSAYO)























このピンクも衿とカフスの配色が素晴らしいです。
流暢なレモングリーンなんです。








































泣くほど憧れの出勤スタイルがこれ。
SAYOちゃんの上からflower柄ガウンを羽織って...ねぇ。



GOWN: MARRAKECH"Flower"/white


















































これは一番シンプルで良い。
すっと、さらりと着るでも、このピンクにはもだえます。
シンプルだからいいんです。いいんです。川平




TOPS:AMBER/pink










































包容力のあるゆったりさのAMBERは、
後ろ見もとても優しいです。
こういう格好でスーパー行きたい。(せめてもの、的な)
















































それでこれですよ、一番女性らしいMAGNOLIA(マグノリア)という型です。











DRESS:MAGNOLIA/pink


















































































































前回のピーコックブルーも着心地よく着続けて随分お世話になっていますが、
今回のピンクは着る照明みたいに
一気に肌を明るく綺麗にみせてくれるので疲れている時に必ず着たいものです。





















































今回も贅沢な裁断でディテールがとっても美。
ご試着会で村田さんがこだわっていらっしゃったのが、
ウエストをキュッ!と締めましょうとの事。
袖の形と、腰のライン、そこからのドレープがより美しいってもんです。


























































そこに羽織りたいのはこちらですね。
今回この生地を使ったアイテムをまとめたラックが
より一層パワースポット化していた贅の極み集より。


JACKET:GEORGE"Flower"/white



































GEORGE(ジョージ)は私の中でMAいち憧れの型で、
この柄の母体となるアンティーク生地を使ってのジョージは
もう商品にはありませんから、
こういう形で再登場してくれるとまた高鳴ります。










































すべてお届けは5月下旬予定ですから、
爽やかな季節に、これを着る楽しみを考えながら
PREORDERを楽しみたいと思います。