2014/02/28

2日目


2日目から冷たい雨が降り始めました。

これからずっと雨が続くようで..本当に困る。



朝一で向かったのはJ.W.Anderson
(現在SisterではVERSUSとのコラボアイテムを展開していますが、
いよいよもうすぐS/Sが入荷予定です。これがまた、とてもいいんです。)























































とても素直な気持ちで、
改めてJ.W.Andersonが好きになりました。
自然に洗練されていて、今30前後の私たちが着たいとうっとりするラインナップです。
素材と形、構築がとっても好き。哲学的なお洒落と感じます。
完結しないような、続きを考えるような、 間 みたいなものを感じる空気が漂う
とてもとても好きなコレクションでした。
(詳細は帰国する3月初旬に店頭にてご紹介しますので、ぜひお尋ね下さい)









そのまま急いでCARVENのランウェイショーへ向かいます。
長尾はASHLEY WILLIAMS新作のスカートとサメバッグを持って。



























































私はblackmeansのジャケット。











































コレクション風景の一部をSister instagramでも更新しています。
今回はパリ出張インスタもアップしていますので、時間あったら見てみて下さい。











その後はCharlotte Olympiaの展示会へ。



































































思いっきり度肝を抜かれました。
今回のA/Wのテーマがとことんチャイニーズテイストなのに驚いていたのに、
さらに、
この展示会のためだけに、ショールームをすべてチャイニーズ仕様に統一しています。


壁はすべて朱色、BGMも家具も、小物も、植物も、すべて。
マリアージュフレールのお茶も、それを出してくれるボーイも、
すべてアジア一色です。











そして、Charlotte Olympiaの看板娘、
AMANDA FATHERAZIのドールもしっかりと。




























































ここまで徹底するブランド、もっともっといたら、
もっと夢のあるファッションを皆が知る事が出来るのかも。

このブランドを扱わせてもらっていて嬉しいと思い、
自分もこのブランドを所有している事を誇りに思いますよ本気で。

商業よりも上に、普通に夢を提示しているみたいです。



このブランドもまた、ガチンコです。






















少し晴れて、太陽のありがたさを感じつつ歩きまわって















































今日もまたヘトヘトになった所で本日の仕事終了。


今日こそ美味しい夕ご飯を食べようと、
思い出したのが弊社FAKE TOKYOのチーフPRディレクター柳に教えてもらった
パリのおすすめごはんリスト。通称"やなログ"




リストのひとつが今日まわっていた近くだったので早速行こうと
"やなログ"を見直してみると

「食べ物に飽きてきたら行くのがおすすめ」
「スープ系が美味しい」



海外食にちょうど疲れて、寒さで凍えそうな事を見透かされたようなコメント付き"やなログ"。




まるで行動をすべて把握されている気持ちを持ったままそのお店へ向かってみると、
開店までまだ少し時間が。





すると、また"やなログ"を見てみれば
「その店を背に右へ行くとかわいい洋書屋さんあります」





まるで、開店までの時間潰しまで見透かされているようです。





これはすべて"やなログ"に従うしかありません。















「その店を背に右へ行くとかわいい洋書屋さんあります」





















































「食べ物に飽きてきたら行くのがおすすめ」
「スープ系が美味しい」






















































......本当に美味しかった。


弊社の男性スタッフは皆優しいんですけれど、
チーフは随一でした。





"やなログ"はまだまだ美味しいお店リストがあったので、
なるべく多く行きたいと思います。一言メモに忠実に。