2014/03/03

4日目


朝、CARVENのショールームからスタート。















































安定の美しい形と、不釣り合いなほど先手を行ってしまっているテーマ。

このふたつを備えて、ビッグメゾンであっても良心的価格帯で、
やっぱり来シーズンもうっとりするコレクションです。

テーマに沿って様々に特異なモチーフ、デザインが展開されていき
それに陶酔していたら、一番スタンダードにシンプルなコートがより異常に綺麗に見えてきたり。

一歩手前のプレ秋冬コレクションで思い切りはっちゃけて、
このメインコレクションを迎えるというのが私の醍醐味です。





ショールーム近くのCARVEN路面店へ立ち寄った所、
スタッフの方が私たちを知っていてくれました。

嬉しいなぁ。









それからまたショールーム巡りを巡りに巡って、目がまわって途中公園で5分ほど無になる という事をしました。



その後にMEADHAM KIRCHHOFFのショールームへ。











































んもう可愛くてかわいくて、美しくって崇高でやんちゃで前衛で希有で、
あまりにうっとりしてセレクトは苦渋の行為です。価格がとにかく前衛なので..




 
デザイナーのミーダムご本人もいました。日本語の「ミーダムカーチョフ」という発音に笑っていました。










































それから夜に、エッフェル塔を通り過ぎて凱旋門からすぐ、
Olympia Le Tanのランウェイショーへ。





もう、相変わらずすべてを潤わせてくれる
かわいくてエッチでユーモアに溢れている最高の時間でした。
まさに「SHOW」!!と思いました。
こんなに夢をくれるとは。




























































                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     




本日の夕飯はもちろん"やなログ"を駆使。 






"やなログ”的に五つ星レベルのレビューが書いてあったので行ってみたスペイン料理。




         


















































外装、内装、BGM、映像すべてが情熱的。つけられていたテレビからはフラメンココンテスト映像 




お料理もガチンコにドストレートでした。


が、メインのパエリアを頼んだら
本場過ぎて日本ではなかなかお目にかかれない魚介が多種多様に全部のせされていて、
日本ではありえないスタメン魚介たちのビジュアルがリアル過ぎて
フォークをすくう手が止まってしまいました..ので写真なし

私は嫌いな食べ物がなくなんでも食べられる、が自慢だったのに
まさかの本場に挫折。


"やなログ"のレベルの高さに立ちすくんでしまった夜となりました。