2014/03/07

J.W.Anderson



帰国しました。
勝手にパリ日記後編はまた改めまして。


帰ってきたら届いていましたJ.W.Anderson


パリでの来シーズン展示会が本当に格好良かったので新しい見方でこの発売が嬉しいです。
明日、土曜日発売です。
この発売が楽しみで自分の休みを繰り越して明日ルンルンで出勤です。これはひとつの、祭りだよ。









パリからパリナイズされて帰ってきた結果、
今一番着たいものがJ.W.Andersonになりました。J.WはUKブランドですが

わたくしは今年、たっぷりとモードを楽しみたいです。恥ずかしい発言。モード。


私が10代から20代前後、00年代の頃好きだったファッションと、
当時は大きくギャル派と個性派が二分していたような、モード系って言葉もありましたよね?
あの頃より少しバランスを差し引く緩やかさをイメージしてます。

あの頃だったら、こういうのにBLESSのエラムシューズを合わせていたんだろう。
いや、今改めてちょっと合わせたいな、
BLESSの小物、改めて気になってきた..







TOPS:J.W.Anderson(3/8発売)
SKIRT:J.W.Anderson(3/8発売)
INNER TOPS:bodco
SHOES:NIKE

































両端に付いている紐は垂らすもよし、縛って固定するもよしです。








































J.W.Andersonの定番のイメージはフレアスカートや大幅なプリーツスカート。
今回はレザーのプリーツスカートをセレクトしています。







































































































DRESS:J.W.Anderson(3/8発売)
BAG:ASHLEY WILLIAMS(近日発売予定。お問い合わせはコチラ)

























来シーズンコレクションもまぁとっても可愛かったASHLEY WILLIAMSちゃんより、今シーズンはサメの到来です。

サメたん、シャーくん(シャークと掛けてトンチを)
あだ名を付けたくなるのは心動かされる証拠。
小物は特にそれくらい動かすものを。

































































DRESS:J.W.Anderson


こういったレザーの我の強いアイテムはさらに緩やかに合わせたいです。
デニムのワイドパンツとも合わせたいな〜。