2015/06/09

BLESS




BLESSのイレギュラーな1型が発売です。



BLESSチームが旅先で収めた写真を服にするシリーズ
(原則として必ず撮る側の足を入れなければならない)

















































このシリーズ凄く好き。
「旅先の鷹匠ショー」





















































これ特にに好き。
かなり近くまで来た鷹(鷲?)
でもこのシリーズは撮る側の足を画に入れなくてはいけないので
逃げずにこの距離で撮らなければならない。

そういうよく考えると下らな過ぎる制約を守る姿勢、最高だね。
















































今回の発売は、長尾生誕の地 香川の
「こんぴらさん」の石段785段登った先、金刀比羅宮の御本宮、三穂津姫社
その隣の絵馬堂の旅先写真より。


TOPS:【BLESS】N°51 Blissmess Holidayshrine long ¥58,000-(+tax) ※6/10発売※



































絵馬堂には様々な船会社が航海の安全を祈念したり、
大漁を祈願する絵馬が所狭しと吊るされておるそうな。
これは「こんぴらさん」が海の神様だと信じられているからだそう。

しかし神々へ納めるには具体的過ぎる絵馬ではなかろうか。



























海の神様から飛躍して空、いや宇宙まで..!
日本人初の宇宙飛行士 秋山豊寛さんの絵馬までも。格好良い..!







































しっかりそれも、ここに収まっています。
BLESS的にその風景も面白かったであろう外人目線が憶測される訳です。












































祈願はとても美しいですね。
自然界と超自然を繋げる対話でもある気がするし、
美として大切な呼吸にも思うし。

しかしこの服の中ではアートになったみたいで視野が切り替わって愉しい。
多分このお洋服はファッションの域を、少しずれている。

そのずれていると感じる差異が、今の私はとても落ち着きます。

最近の、薄く広がっていくファッションの無意味に
意味を問おうとしてしまって疲れていたから。

愉しい。