2015/09/21

2015年9月19日の私たち



安保法案が強行採決に至るにあたったこの期間の私たちのタイムライン。



政治の話題というのはやはりどうしても複雑でいくつもの角度があり
もしかしたらこの日記にも不快に思われる方がいるかもしれませんが
あの時、私の周りで起こった事と見解の記録ですので
ご了承ください。





前回記した、哲子's Sister OBのミムゥとマイちゃん、
そして現在アメリカに住んでいるナオコちゃん(WOW杉さん)と
グループLINEでひたすら話し合えていた今回の事件。もうこれは"事件"という穏やかではない表現が感覚的に一番近いような





連日行われていたデモは、与党が強行姿勢となっていく毎に
日に日に参加人数を増やして行き、大きなうねりとなっていっていました。



そしてミムゥとマイちゃんも時間を見つけては出向いていました。
時には雨の寒い中、時には仕事を押してでも。







そんなデモ活動が行われている中、
国会でも採決阻止の為に野党は様々な戦いを見せました。

特筆すべきはまず16日水曜日。




"野党女性議員「触るな!セクハラだ!」安保法案採決遅らせるため、ドアの前に立ち与党議員が触れるたびに大騒ぎ"





















"女の壁"作戦、

意外と斬新。


ぎりぎりアウトではないのか疑う反対行動に法案反対派はアガり、
私たちのタイムラインもざわつく。
与党賛成派ツイッター意見では批判や呆れつぶやきも多発。まあ、そうだよね。



本当に鬼気迫る戦いであった最中のこの報道は、
色んな意味であっぱれでありました。










その他にも野党、国民デモによる様々な抗議が過熱する中で、
17日木曜日、採決強行。

その日、






"石田純一さんが国会前デモでスピーチ 「戦争は文化ではありません」"






















まさか、自身の伝説の名言をここでなぞらえてくるとは。



こちらもこの記事についてツイッターをたどってみると、
法案賛成派は「ああ、石田純一もおかしくなったか。」「芸能界も汚染されている」
などの表現が多く目につく。
そういう見解になるのか、と普通に驚き
改めてこの類いの戦いというのは様々な余波を孕んでいる事を知る。




ここで私たちのタイムラインでは
「レインコートの上からニットを肩かけ..!」
「素晴らしい役者魂だ」
と自身のアイデンティティーを通したスピーチにうなる。



















18日金曜日、内閣不信任案否決。
いよいよこの日、強行されるとニュースでも報道が続く。

私たちのタイムラインにミムゥがこの記事を貼ってくれる。

現在イギリスにいる、スター・國分先生の
待っていました、恒例 "暴走モード"。
先生のこのテンション本当に大好きだなぁ。「あのさ、」て〜

















































































そして、アレが起こったのです。












"安保法案 山本太郎氏が1人牛歩と焼香のパフォーマンス「本日は自民党の告別式」"






















これは随一の強烈。


過去にも幾多に及ぶなかなかのアウトさが際立っていた山本太郎、
軽く想像を超えてまさかの喪服に数珠な演出。

もうこの騒動については
容易に法案賛成派からの厳し過ぎる意見も目に見えているので
そっと目を瞑ります。
一人牛歩は嬉しかったなぁ


この時私は仕事でばたつき
席を外していた間に私たちのタイムラインもばたついていた。












































「メロリンキュー」ご存知ない方はご興味あれば検索してみてください。








↓ミムゥが貼ってくれたこの評価も秀逸。"ハプニング"

















































そんなまさかの山本太郎騒動でばたついていると思いきや、
私たちの身近では、



NAKAOさん、デモ執行...!



















































この法案に対しての抗議行動として
アメリカ大使館に立ち寄ったNAKAOさん、
その瞬間、小娘ひとりを警察5人がかりで囲み超遠くへ移動させられ、怒られる
という厳しい対応に、「アメリカきびし〜」と名言。

こんな身近にいたアナーキストに私たちのタイムラインは喝采。















ここまで起きていたナオコちゃん、アメリカはもう朝。



































突然そんな言葉を連投した後、この連投言葉スクショを
「これもしよかったら待ち受けにしてね」
と言い残し就寝。

ナオコちゃんのアーティスト性に改めて関心しながら「おやすみなさい」。






































そして私は仕事終わりについに初めてのデモ参戦。デモデビュー


初めてのデモ、
しかもミムゥとマイちゃんはこの日は二人とも都合がつかず一人で行く事に。
緊張....



今までデモって、行きたい人が行くと思っていたんですけど、
実際自分が行くとなった時に思う事は、

普通に、行きたくない。
でした。
ああ、あの映画で印象に残った言葉だ...。

仕事終わりで疲れてるし、お腹すいてるし、雨降ってるし、
人が多くてぎゅうぎゅうな場所はとても嫌いだし、
反発を大声でコールするという事も嫌いだからです。


しかし今、
この事態が起こった強い違和感は恐怖でしかありませんでした。

怒ってるんじゃなくて、普通にこの状況事態が怖くて、
私はデモに参加しました。







そして緊張の中、国会前到着。

物凄い人の数、叫び続けられるコール、
年齢、職業、価値観、すべて様々な人々が集まり
「一体」となっていました。




この一体感を肌で感じたのは初めてです。
仕事仲間とそういう事はあるけど、見ず知らずの人々とって、
今まで想像もつかなかった。

この感覚は、やっぱり行かないとわからないですね。







































ツイッターやインスタで見ていたSEALDsのコールも目の前で見られました。

彼らは本当にすごい。
本当にずーっと、叫び続けていました。
雨に打たれながら、朝までです。
この体力の消耗は計り知れないと思います。
普通にそんな事できないよ。

そんな実際の彼らをみて、とても励みをもらった感覚を覚えました。






























日付変わって19日土曜日、予定通り
与党の賛成多数により可決、成立。






こうなって気づいたのは、
政府に対して思う、私たちのこの落胆を
「またか」と思った事。

毎回そうなるたびに、大きな落胆を抱え、
自分たちはマイノリティなんだと考えていました。

しかし今回はそんな慣れもあったからかもしれませんが
どんどんと声が大きくなっていくデモによって
民主主義を強く意識し行動していく人々の存在を強く感じ
今までにない希望を感じました。いや、本当に。



決して終わりではなく、いよいよ始まったのだと思います。








可決された朝、
みんなは気持ちが塞がっていないだろうか、と気にかけていたら、
やはりミムゥは面白い。





















↑続き知りたい方はググってください。


私は「戸塚ヨットスクール入れるぞ!!」
がお気に入りです。










そんな数日間でした。





本当にお疲れ様でした。




賛成も反対も、
国を考え、行動するという行為は同じでも
表現はあまりにも沢山ありました。



色々と考えていると、
また今日もナオコちゃんが納得のことを言っている。







今日も私たちのタイムラインは続いています。