2015/09/04

OWASE


今日はひっさしぶりに超 長文ブログになりますので
先にお詫びしておきます。




わたしの夏休み、
三重県は尾鷲 へ行きました。






三重県KOKO!



























尾鷲はKOKO!

























初尾鷲どころか、初三重県です。

今回なぜこの地へ向かったかと言うと、
SisterOBで親友のミムゥが、
尾鷲のとあるプログラムのイノベーター生を急になったのがきっかけです。
ほんと、ある日我が友は突然そうなっていました。

頻繁に尾鷲へ向かうミムゥ、片道4時間ほどはかかる距離へ出向き、
向こうでは様々な働きをしなければならずとても大変だろうと思っていましたが、


水を得た魚のようとはこういうことか、
都内へ戻ってくる度に、目をキラキラとさせて帰ってくるのです。

最初、ミムゥがなにかの団体にでも入信されたのかしら?
と思うほどのきらめきっぷり。


話を聞くも、「ただ素晴らしいんだ」という事しか理解できず
ここまで嬉々とするミムゥを初めてみたもんで
愛しい私たちのミムゥがどう頑張って、何に感動しているのか、
そしてそんなキラキラするのなら私もしてみたい、
という好奇心のもと、DISCOの渚ちゃんと一緒に3人での尾鷲旅が決まったのです。




という事で到着
※尾鷲に来る事を「来鷲」というらしい。来日的な。


















































山と海、漁港を見るのは初めて。食いしん坊万歳でよく見てた!
とんびとウミネコが鳴いて、すごい勢いの癒やし効果を放っています。








































ミムゥが尾鷲の仲間たちとの集いの場としてよく言っていた
九鬼にある「網干場(あばば)」へ。




































ミムゥから写真を見ていてどういう状態なのか意味が分からなかった網干場の内観!
すぐに海と山って本当だったんだ...
これは実物に超感動です。































尾鷲へ降り立って初ご飯は
〜刺身定食〜





































地元のお父さんたちが外来種にザワつく。
ユカちゃんが東京の友達連れてきた/
































今回の旅で、私が何よりも楽しみにしていた事。
それは「光太さん」にお会いする事。



愛くるしいフォルムと、放っておけなそうなヘアスタイル、
文字通りの「光太さん」。




















































気がつけば飲みの場でギターを持ち込んで、弾き語ってくれるという光太さん。
それが異常に上手いらしい、光太さん。











































ステージでの"キメてる光 太さん"も魅力的だ。











































そんな情報を以前からミムゥに聞いていたので、
網干場で合流できた時に「やっと会えたね」。辻仁成










































そこからは光太さんに尾鷲の様々な海と山を案内して頂くという
コア尾鷲ツアーに。




























リアス式海岸とか初めて見て、
「うっそ〜!!生リアス式〜!!」とか盛り上がる。





























人口6人の町にも連れて行ってくれました。












































滝もありました。滝行、思い出すなぁ

光太さん、大吟醸T着てたなぁ
















この町、去年は人口2人だったらしくおじいちゃんとおばあちゃん=1世帯
その2人の子供家族が戻ってきて今年この町で子供が生まれたそうで見事6人に!倍率3倍へ急成長














































1/6...!?




































海が透き通っていてとても綺麗。

と見とれて写真を撮っていたら大波来てデニムがおじゃん。



















































今回の旅でミムゥ先輩に「TEVAがいい」と助言頂き即ゲットしましたが、
本当にあまりにも優秀だったTEVAサンダル。
海辺も川辺もまったく滑らずスイスイ進めて足も守ってくれてました。

全員TEVA。






































それからひとっ風呂浴びて、地元の飲み屋さんへ。

ミムゥがお世話になっている尾鷲の方々も集まってきてくれました。




うつぼの唐揚げ...!超美味!




































そして地元の人でも希少という「メイチダイ」を頂けました。(左)
その後地元の人に「何食べたん?」と聞かれ「メイチを♡」と言うと必ずザワついた。本当に貴重だったんだと後から実感。































































兜焼き。
これも凄かったなぁ...涙 ああこの写真でご飯食べられる....















































ご満悦のよそ者達。















































遂にこの日がやってきた..
飲みながらの光太LIVE...!!!もう足の組みとか超かわいいよね


























噂通りのハイクオリティに即効で心を奪われる。












大興奮のよそ者2人。高い位置でエアベース応援














尾鷲の人々に絡むよそ者2人。(小一時間前に初対面)
この絶対交わらないであろう人々を繋げてくれたミムゥ、写真撮りながら泣く。










結果、
なんだこれ、な図に。
















2日目はまったりと。



朝は純喫茶「磯」でモーニング。
これが凄い。先代の手作りだという内装が驚愕。
ナイスです。
























そこからひたすらまったりして身体を休めました。





























九鬼では必ず通りすがりのおじいちゃん達が話しかけてくれます。
尾鷲の人の方言がまた穏やかでとてもかわいい。
東京から来た、というと
自分が過去に関東にいた期間などを報告してくれるおじいちゃんが多発しました。


























夜は昨日のメンバーが再び合流♡もう、そういう"いつものやつら"的ノリ凄く憧れてたやつ


光太さんがマイ包丁と共に大量の魚を仕入れてくれて、
さばいたり、炙ったり、なめろうを造ったり...!
























































〜夢の光太スペシャル〜

































































新鮮ななめろうはご飯にのせて、お湯を入れると....
さらなるK点越えの美味しさでありました。































〜2DAYS〜































〜よそ者達のピーク〜



































3日目。
2日連続で渚さんは早朝海ランニング。
今回の旅で、この人のバイタリティの凄さを改めて実感。

ふと横を見たら最終的にミムゥもヨガをやっていた。


































透き通った海で、熱帯魚のようなとても綺麗な青い魚も泳いでいました。

























































やっぱりこの日もおじいちゃんは話しかけてくれる。そして東京にいた期間も教えてくれる。

































この日は連夜飲み仲間のあきなさんと、娘のはづきちゃん(夏休み最終日)と
念願の川遊び。

川、エメラルドグリーン。まじかよ。























あきなさんが用意してくれたBBQセットで夢のBBQ開始。
私たちただのこのことそこにやってきたらBBQセットがあるなんて... お店か...涙





渚のバイタリティーは川部門でも留まる事を知らない。
炭火の起こし方、トング担当までも厳しく指導を受ける。






















川でバーベ...?
このわたしが...?

自分の初めてに近いリア充に戸惑いを隠せませんでした。
経験する事でわかる、自分がどれほど底辺だったかを。




































ご覧ください。
川が似合い過ぎる渚、
格好からすべて白浮きし、何も出来ず立ち尽くす私を。この時着ていた服は尾鷲のファッションセンターで700円で買いました。








































このわたしが...?
同じ場所に...いるですって?



































































尾鷲の数をこなしているミムゥはさすが、
あっという間に向こう岸まで。





























渚バイタリティー、次はシュノーケル教室です。
この私にシュノーケルを教えてくれました。












DISCO Nagisaさん(@nagisakaneko)が投稿した動画 -


































クララが立ったように、周りから温かな拍手を送られ、嬉しさで言い忘れそうでしたが、

川の中もエメラルドグリーンで、
小さな魚たちと一緒に泳ぎました。


このわたしが...?
小魚と、泳ぐですって.....?



























そして夜は、ミムゥが用意してくれた花火で尾鷲最後の夜を。


尾鷲の皆さんとミムゥ、バイタリティー渚のおかげで、
最後まで、まるで夏の月9のようなスケジュールを味わってしまった...。







































最後のモーニングはもちろん「磯」で。











































































ラスト10分まで、
尾鷲の雄大さを満喫して、じーんと沁みて尾鷲を後にしました。














































ミムゥが地元の方々に愛されているが為に、
今回私たちは最高の旅が出来たのだなぁと改めて実感です。


一人でこんなに遠いところまで来て、
その土地の人々とミムゥが築き上げたものの尊さに、美味しいお酒が呑めました。

この活動を始めた当初のミムゥは、色々とっても大変そうで、
それを越えた時から異常なほどに輝いて東京に帰ってきていたのです。

色々を考えると泣ける。私たちの大切なミムゥ...!




現在、「尾鷲ロス(オワロス)」がハンパない私。ミムゥは毎回泣きながら帰るそうです

冬の方が美味しい魚介に溢れているらしい。
おいおい、勘弁してくれないか。


なぎちゃん、ミムゥ、本当にありがとうございました。
あなた達だったから旅をよりコアに楽しく過ごせました。
繋げてくれて心よりありがとうミムゥ。


そしてありがとう尾鷲の皆さん、
お忙しい中、毎日誰かしらが時間作って遊んでくれて、
毎晩一緒に呑んでくれて、
とってもとてもお世話になりました。
思いきり甘えさせてくれて、本当にありがとうございました。




はぁ〜、来週とかまた行きたい。爆






※追記

光太さんブログ貼っておきますね。







※再追記
”こうちゃんなめろう”のレシピページありました。
貼っておきますね。