2015/12/14

【MA déshabillé】"SAWATARI"MODEL





なんてセクシーな写真だろう。













































LucTuymansがMAを着ている写真にも度肝を抜いたけれど





巨匠 沢渡朔氏が、MA déshabilléを着られてポーズをとられている....
そしてそれを撮られているのが鈴木親氏である。


なんという三つのとてつもない存在が揃った写真だろうこの一枚は。



ここで巨匠が着られているのは
今回のMA déshabilléの中でも特に目眩がするほど美しく、
着心地にも陶酔してしまう上質なウール100%素材シリーズのひとつである。




今回そのシリーズは、
"navy black"と"brown black"の2種であり
その名前の通り、というよりそれ以上に奥から様々な色が見え隠れする
単語にできない色であり、


佇まいも、色も、感触も、
究極に贅沢な衣であるので、
だから巨匠がそれを着られるのは
もっとも自然であり、自然であるという事はやはり脅威である。




とか威厳におののいているこの感覚を
文字で少しでも表現したいので言い回し変更しました失礼しました。











この衝撃的な写真にすっかり魅了されたので、
ここで着られている"DARLINGTON TOPS"と"GABLIELLE(bottoms)"
私は勝手に「SAWATARIモデル」と言わせて頂いています。























ポーズとか、真似したくなって、
もちろん真似する時の名称は「SAWATARIポーズ」



















































この豊かな艶の素晴らしさは見た目にも出ているけれど
やっぱり必ず着た方が良い。
これがウールですよ。
私は今世でこんな贅沢を知ってしまったんだなぁ!



TOPS:"DARLINGTON(tops) wool 100%"/navyblack
PANTS:"GABLIELLE(bottoms)"/navyblack ¥46,000-












































こちらは"brown black"カラー。
一見パープルぽい赤みも見える。

私の概念にある旧ブラウンさようなら。
ようこそ 私の中の新ブラウン。























































GABLIELLEボトムスは、ベルベットのウエストに凜と刺繍。









































さてMA déshabilléのEshopオーダー期間も19日(土)と
いよいよ今週までとなりました。

どうしよう、私もまだ決めきれていない。
すべて欲しいに決まっていますし、
国がMA déshabillé給付金くれたらいいのになぁ〜。底抜けに無意味なぼやき






※Eshopオーダーでのご注意
只今大変ご好評頂いているそうで、
オーダー頂いた際の手続きにつきましてのご連絡が遅れる場合があるそうです。
皆さんもご存知の通り、普通のブランド/ショップではないMAさん、
気長にお返事をお待ち下さいね。